海外FX将軍

FX将軍のブログ

GEMFOREXのノースプレッド口座について。

ドル円スプレッド2.0PIPS以上、ユーロ円スプレッド2.5PIPS以上、ポンド円スプレッド4.0PIPS以上の海外FX口座を使うと、15PIPS~40PIPSの利益幅狙いでスキャルピングをするか、100PIPS~200PIPSの利益幅狙いでデイトレードをするか、500PIPS~1000PIPSの利益幅でスイングトレードをするの戦略を取れますが、スプレッドが広いことが大きな理由となり、1PIPS~5PIPSの利益幅狙いでスキャルピングをする戦略をとれません。また、GEMFOREXノースプレッド口座〔ドル円スプレッド0.3PIPS、ユーロ円スプレッド0.5PIPS,ポンド円スプレッド1.0PIPS〕を使うと、スプレッドが狭いことが大きい理由となり、1.0PIPS~3.5PIPSの利益確定を繰り返すスキャルピング戦略を取れます。今回は、GEMFOREXのノースプレッド口座について。書いていきます。

GEMFOREXのノースプレッド口座について。

GEMFOREXノースプレッド口座とは、ドル円スプレッド0.3PIPS〔ドル円1ロットで30円の手数料、ドル円10ロットで300円の手数料〕、ユーロ円スプレッド0.5PIPS〔ユーロ円1ロットで50円の手数料、ユーロ円10ロットで500円の手数料〕、ポンド円スプレッド1.0PIPS〔ポンド円1ロットで100円の手数料、ポンド円10ロットで1000円の手数料〕を支払うことで、ドル円ポジションを保有、ユーロ円ポジションを保有、ポンド円ポジションを保有できる。

GEMFOREXノースプレッド口座だと、ドル円で+0.4PIPS取ると+0.1PIPSの利益、ユーロ円0.6PIP取ると+0.1PIPSの利益、ポンド円1.1PIPSを取ると+0.1PIPSの利益がでることから、利益を出すのが比較的に簡単であるという心理的な余裕を持つことができます。この心理的な余裕がない中でFX取引をすると、無意味な損切りの回数が増える、大きな欲をかいて利益確定ができないという問題が発生します。

GEMFOREXのスープレッドはスプレッドが狭いのは本当か?

スプレッド縮小競争が過熱している2020年では、ドル円スプレッド2.1PIPS,ユーロ円スプレッド2.6PIPS,ポンド円スプレッド4.0PIPSの海外FX口座はスプレッドがとてつもなく広いなという評価を受けますし、ドル円スプレッド0.9PIPS,ユーロ円スプレッド1.2PIPS,ポンド円スプレッド2.0PIPSの海外FX口座はスプレッドがまあ普通なんじゃないのか?という評価を受けます。こういう評価を受ける海外FX口座が多い中で、ドル円0.3PIPS,ユーロ円0.5PIPS,ポンド円1.0PIPSのGEMFOREXノースプレッド口座は、よくぞここまでスプレッドを狭くすることができた、見事じゃという評価を受けています。

GEMFOREXのノースプレッド口座は、ハイレバレッジとの相性がよい。

スプレッドが広い海外と、0.1PIPSの利益で逃げる、0.2PIPSで逃げる、0.3PIPSの利益で逃げるということができずに、ハイレバレッジトレードで、50PIPSのゼロカットを体験することになります。逆に、スプレッドが狭いGEMFOREXノースプレッド口座だと、0.1PIPSの利益で逃げる、0.2PIPSで逃げる、0.3PIPSの利益で逃げることが大成功して、ハイレバレッジトレードで、ゼロカット経験を一度もしないで済みます。

GEMFOREXのノースプレッド口座は、手数料0PIPS。

海外FX口座の一部では、ドル円0.9PIPS提供、ユーロ円1.0PIPS提供、ポンド円1.1PIPSの低スプレッドを提供していると発言しておきながら、手数料0.8PIPSを追加でとるところもあります。それと比べて、GEMFOREXノースプレッド口座では、ドル円0.3PIPS,ユーロ円0.5PIPS、ポンド円1.0PIPSの低スプレッドを提供していると発言しており、手数料0.0PIPSです。

4.GEMFOREXノースプレッド口座の最低入金額30万円。

GEMFOREXノースプレッド口座の最低入金額30万円であるおかげで、GEMFOREXノースプレッド口座で、1ロット~3ロット単位でスキャルピングをすると10円~30円の含み損には耐えられます。それと、10円~30円の含み損に耐えられるということは、1円~7円のレンジ相場で退場することがほとんどなく、1円~7円のレンジ相場で利益が出せるということ。

5.EAの自動売買、ストラテジーのミラートレード不可能。

GEMFOREXノースプレッド口座のEAの自動売買、ストラテジーのが不可能であることのメリットは、裁量トレードをする上で重要なことがわかること、損失を実際に出すとどれくらい心が痛むのか?がわかること、利益を実際に出すとどれくらいうれしいのか?がわかること、経済指標のチェックをすることの大変さがわかること、最近のニュースチェックをすることの大変さがわかることなどがあります。

GEMFOREXノースプレッド口座のEA自動売買、ストラテジーのミラートレードが不可能であることのデメリットは、EAの自動売買で楽してお金を稼ぐ経験をすることができないこと、ストラテジーのミラートレードで楽してお金を稼ぐ経験をすることができないこと。

GEMFOREXノースプレッド口座では、30ロットのドル円ポジションを持つこと。

GEMFOREXノースプレッド口座で、30ロットのドル円ポジションを持ったときに、損切り注文を入れることができないのであれば、30ロットという数字が自分には大きすぎる数字であり、もっとロット数を落としたほうがいいということになる。また、GEMFOREXノースプレッド口座では、利益がほしすぎて、30ロットのロット数を落とせない人が、GEMFOREXノースプレッド口座に入金する額を抑えればよい。

ボーナスが何もない。

GEMFOREXオールインワン口座で、口座開設ボーナス、100%入金ボーナスの二つを受け取った人でも損切りできないと、GEMFOREXオールインワン口座内に入金したお金、GEMFOREX口座内の口座開設ボーナス、100%入金ボーナスを溶かします。また、GEMFOREXノースプレッド口座で、口座開設ボーナス、100%入金ボーナスを受け取っていない人でも損切り注文できると、GEMFOREX内に入金したお金を減らす経験をすることなく、GEMFOREXノースプレッド口座内の資金を増やすことができます。

スキャルピングをしなければいけないと思い込まないほうがいい。

デイトレードをすれば、利益をたくさん生み出せる為替相場展開なのに、GEMFOREXノースプレッド口座でスキャルピングをすると、利益額を大きく減らすことになるし、スイングトレードをすれば、利益をたくさん生み出せる相場展開なのに、GEMFOREXノースプレッド口座でスキャルピングをすると、利益額を大きく減らすことになりますので、GEMFOREXノースプレッド口座でスキャルピングをしなければいけないと思い込まないほうがいいです。

GEMFOREXノースプレッド口座の総まとめ

GEMFOREXノースプレッド口座〔日本で最も狭いスプレッドを提供中の海外FX口座〕を使えば、スプレッドが広いが要因によるスキャルピングの損失を回避することができるし、スプレッドが狭いことにより損切り注文を入れる決断ができる、損切りをしようかどうか迷うことがほとんどなくなります。


公式サイト
GEMFOREX
GemForex口座開設ボーナス2万円プレゼントキャンペーン開催中です。



関連記事
fxshougun.hatenadiary.jp