海外FX将軍

FX将軍のブログ

iforex〔アイフォレックス〕で勝てない。

iforex〔アイフォレックス〕で勝てるときは、フルレバトレードでの勝率が100%になっている、何回FX取引をしてもなぜか負けない、自分の50PIPSの含み損のドル円/ユーロ円/ポンド円のポジションが全て助かってしまった、なぜか為替相場全体の値動きが手をとるようにわかるなどの共通事項があります。逆に、iforex〔アイフォレックス〕で負けるときは、フルレバの勝率が0%になっている、自分の50PIPSの含み損ドル円/ユーロ円/ポンド円のポジションが全くというほど助からない、なぜか為替相場全体の値動きがまったくわからないなどの共通事項があります。これらの二つの経験をすると、iforexで勝つためにやるべきことと、iforexで勝てないと気にやるべきことがわかってきます。今回は、iforex〔アイフォレックス〕で勝てない。をテーマにして記事を書いていきます。

iforex〔アイフォレックス〕で勝てないときの共通事項。

iforex〔アイフォレックス〕で勝てないときの共通事項は、レバレッジを抑えるという選択ができなかった。&iforexで勝てないときのパターンを把握していなかった。&iforex口座で損切りをした経験がない。&1日スパンで勝つことしか考えていない。&いついかなるときでもiforex口座で退場することがあるのだということを想定していない。などがあります。

1.レバレッジを抑えるという選択ができない。

会社を退職したい、FXで楽して金を稼ぎたい、大金を稼がないとだめだの3つの価値観に支配されすぎると、iforex口座でレバレッジを抑えるという選択ができなくなります。逆に、会社を退職したくない,FXで楽して金が稼げる、大金を稼ぐ必要はどこにもないという3つの価値観に支配されると、iforex口座でレバレッジを抑えるという選択ができるようになります。

2.iforexで勝てないときのパターンを把握してない。

iforexで勝てないときのパターン1つだけでなく、10個以上知っていれば、iforexで勝てないパターンのときには参加せず、iforexで勝てるときのパターンのときに参加して、iforex口座で勝ち続けることが可能。逆、iforexで勝てないパターンを1つも知らないと、iforexで勝てないときにばかり参加してしまい、iforex口座で負け続けています。

3.1日スパンで勝つことしか考えていない。

iforexで、最終的に勝てない、大きく負けるという結末の人は、1日スパンで勝つということしか考えておらず、半年後、1年後に勝つことを考えることもありません。その結果、一日スパンで負けただけで、iforex口座で利益を出すのは無理、FX取引に適性がないんだと落ち込んでしまいます。

iforexで最終的勝つ、大きく勝つという結末の人は、半年後、1年後に勝つにはどうすればいいのか?についてのことしか考えておらず、その日に勝つということを全く重要だと思っていない。その結果、iforexで一日スパンで負けたとしても、iforex口座で一ヶ月、半年後で利益を出すことができます。


4.iforex口座で損切りをした経験がない。

iforex口座で、損切りした経験がないと、損切りができずに、常に損失幅が最大になってしまいますが、iforex口座で、決まった幅で損切りができると、損失幅が最小となり、iforex口座で退場を経験することがなくなります。

5.いついかなるときでもiforex口座で退場することがあるのだということを想定していない。

誰もがiforex口座で、退場者続出の通貨ペアの大暴落、大上昇が起きうることを想定していないし、どうせ今日もレンジ相場だろと思っていることから、iforex口座でハイレバトレードをします。これに当てはまる人が気を抜いているときに、通貨ペアの大暴落が起きたり、通貨ペアの大上昇が発生します。

iforex口座で、いついかなるときでもiforex口座で退場することがあるのだということを想定しとおくと、無謀なハイレバでのトレードをしなくなるし、ロスカットをする癖が自然と身につくようになる。

公式サイト
iforex