海外FX将軍

FX将軍のブログ

GEMFOREX口座凍結の理由と解除方法。

GEMFOREXオールインワン口座、GEMFOREXノースプレッド口座のFX取引の利益で生活している人は、GEMFOREXオールインワン口座で何をしたら、口座凍結という問題が起こるのか?を知っておくべきだし、GEMFOREXノースプレッド口座凍結された後に取るべき行動を今のうちから考えておくということがかなり重要となってきます。また、iFOREXと呼ばれる海外FX口座は、口座放置による口座凍結はないが、iFOREXのトレード規約を破ると、iFOREX口座が凍結されることはあります。ということで、GEMFOREX口座凍結の理由と解除方法。を書いていきます。

GEMFOREX口座凍結の理由。

GEMOFOREX口座凍結の理由は、不正にGEMFOREX口座開設ボーナスを受け取ったから&不正にGEMFOREX100%入金ボーナスを受け取ったから。&GEMFOREXオールインワン口座と競合海外FX口座で両建てトレードをしたから。&高ロットの通貨ペア取引をしたことをGEMFOREX側に連絡をしなかったから。&秒単位のスキャルピングを繰り返すことをしたから。&5円~8円の通貨ペアの乱高下時のみ、通貨ペア取引を行い、利益を生み出すこと。となっています。

1.不正にGEMFOREX口座開設ボーナスを受け取ったから

GEMFOREX口座開設ボーナス1万円を一度受け取っているというのに、GEMFOREXオールインワン口座を開設して、GEMFOREX口座開設ボーナス1万円を受け取る行為や、GEMFOREX口座開設ボーナス2万円を一度受け取っているのに、GEMFOREXオールインワン口座を開設して、GEMFOREX口座開設ボーナス2回を受け取る行為をすると、GEMFOREXオールインワン口座が凍結されます。

2.不正にGEMFOREX100%入金ボーナスを受け取ったから

GEMFOREXオールインワン口座初回特典であるGEMFOREX100%入金ボーナスを受け取っているというのに、再度GEMFOREXオールインワン口座開設をして、GEMFOREX100%入金ボーナスを受け取るということをすると、GEMFOREXオールインワン口座が凍結されますし、今後GEMFOREXオールインワン口座でFX取引、CFD取引をすることができなくなります。

3.GEMFOREXオールインワン口座と競合海外FX口座で両建てトレードをしたから。

GEMFOREXオールインワン口座と、競合海外FX口座のiforex口座で両建てトレードを行い、GEMFOREXオールインワン口座で8万円の利益、iforex口座で4万円の損失を出し、自分の手元に4万円を残すなんてことをやると、GEMFOREXオールインワン口座が凍結、iforex口座が凍結されます。

4.高ロットの通貨ペア取引をしたことをGEMFOREX側に連絡をしなかったから。

10ロット、20ロット、30ロットの高ロットの通貨ペア取引をしたことをGEMFOREX側に連絡する行動にでれば、GEMFOREXオールインワン口座凍結、GEMFOREXノースプレッド口座凍結はありません。また、10ロット、20ロット、30ロットの高ロットの通貨ペア取引をしたことをGEMFOREX側に連絡をするこうどうに出なければ、GEMFOREXオールインワン口座凍結、GEMFOREXノースプレッド口座凍結があります。

5.秒単位のスキャルピングを繰り返すことをしたから。

スプレッドが狭い国内FX口座で、秒単位のスキャルピングをすることを繰り返せば、スプレッドが狭い国内FX口座凍結されますし、スプレッド狭い海外FX口座で、秒単位のスキャルピングをすることを繰り返せば、スプレッドが狭いGEMFOREXノースプレッド口座凍結されます。

5円~8円の通貨ペアの乱高下時のみ、通貨ペア取引を行い、利益を生み出すこと。

普段から、0.2円~0.4円の通貨ペアの乱高下や、1円~2円の通貨ペアの乱高下や、5円~8円の通貨ペアの乱高下時にGEMFOREX口座で、通貨ペア取引をしていれば、GEMFOREXノースプレッド口座が凍結されることはない.また、5円~8円の通貨ペアの乱高下時のみ、通貨ペア取引を行い、利益を生み出すことをすると、GEMFOREXノースプレッド口座が凍結されることがありうる。

GEMFOREX口座凍結解除方法

GEMFOREXの規約を破ったことで、GEMFOREX口座が凍結された場合は、GEMFOREX口座の凍結を解除することは絶対にできませんが、GEMFOREX口座を1年以上使わないことで、GEMFOREX口座の凍結が起きた場合は、GEMFOREXのサポートセンターに、GEMFOREX口座凍結のお願いをするだけで、GEMFOREX口座の凍結が解除できます。

公式サイト
GEMFOREX
GemForex口座開設ボーナス2万円プレゼントキャンペーン開催中です。

FXにおけるスキャルピングpips数。

FX取引で自分が獲得できるスキャルピングpips数のことばかりを考えていると、早くドル円のポジションを取りたい、早くポンド円で100PIPSの利益確定をしたい、早くユーロ円で200PIPSの利益確定をしたい、半年後には億トレーダーになるという夢を実現したい、損失を出さない未来しか見えないなどのことが自分の心に渦巻きます。逆に、FX取引で自分が獲得できるスキャルピングpips数のことよりもFXで生き残ること重視に考えている人は、OOの経済指標までは絶対にスキャルピングをしないぞ、OOのレートになるまでは絶対にエントリーしないぞ、通貨ペアのポジションを持ったら損切り注文をいれるぞと、OOのレートで利益確定注文をいれるぞということばかり考えています。これらの二つの具体例をしっておくと、自分が1年スパンでより多くのスキャルピングPIPSを獲得するにはどうすればいいのか?自分が1年スパンでFX退場という地獄を見ないためにはどうすればいいのか?について、真剣に考えるようになります。ということで、FXにおけるスキャルピングpips数。に触れていきます。

FXにおけるスキャルピングpips数を決めよう。

1.スプレッドが狭いタイプの海外FX口座でスキャルピングをする。〔利益3PIPS~5PIPS〕

スプレッドが狭いタイプ〔ドル円スプレッド0.3PIPS、ユーロ円スプレッド0.5PIPS,ポンド円スプレッド1.0PIPS〕の海外FX口座で,3PIPS~5PIPSの狭いレンジでスキャルピングをする場合は、スキャルピング獲得PIPS数を1PIPS~4PIPSとしておい、損切りPIPSも1PIPS~4PIPSにしておくと良いでしょう。ここでいえるのは、どうしても利益幅が少ないスキャルピングだと、4PIPSで損切りしたらせっかくのスキャルピングの利益が全部吹き飛んでしまうという気持ちから、損切りラインで損切りをするという普通のことができません。

2. スプレッドが広いタイプの海外FX口座で、スキャルピングをする。〔利益10PIPS~15PIPS〕

スプレッドが広いタイプ〔ドル円スプレッド1.3PIPS,ユーロ円スプレッド1.5PIPS、ポンド円スプレッド2.0PIPS〕の海外FX口座で、20PIPS~30PIPSの狭いレンジでスキャルピングする場合はスキャルピング獲得PIPS数を10PIPS~15PIPSとしておき、損切りPIPSも15PIPSにしておくのが最適といえます。ここでいえるのは、スプレッドが広いタイプの海外FX口座だと、利益確定の幅が大きくなってしまい、自分のトレードに自由度がなくなってしまうということ。

3.スプレッドが広いタイプの海外FX口座で、ドル円スキャルピングをする。

スプレッドが広いタイプの海外FX口座で、20PIPSほどの利益確定が望めるドル円スキャルピングをするときに守って欲しいことは、ドル円取引で負けたパターンに当てはまるときにはドル円のポジションを保持しないことと、ドル円取引でまけることがあるということを理解しておくことと、損切り20PIPS~30PIPSを実行すること〔損切りルールを破ると、海外FXゼロカットが待っているということ〕と、利益確定注文20PIPSを入れることです。

4.スプレッドが広いタイプの海外FX口座でポンド円スキャルピングをする。

スプレッドが広いタイプの海外FX口座で、ある程度のPIPS獲得が狙えるポンド円スキャルピングをするときは、30PIPS~100PIPSの利益確定を目標とすると同時に、損切りするPIPSは一律で30PIPSとしておくのが一番となっています。ここでいえるのは、ポンド円スキャルピングで生き残りたいのであれば、損切りするPIPS、30PIPSを守ることが重要となっています。

5.スプレッドが広いタイプの海外FX口座でユーロ円スキャルピングをする。

スプレッドが広いタイプの海外FX口座で、40PIPSの利益確定が当たり前のユーロ円スキャルピングをするときは、30PIPSで利益確定をすると決めておくと同時に、20PIPS~25PIPSで損切りするを決めておくことが重要であります。ここでいえることは、ユーロ円スキャルピングでゼロカットを食らう理由は、20PIPS~25PIPSで損切りをしなかったから。

FXにおけるスキャルピングpips数を決めないことでおきる問題。

ドル円スキャルピング時に利益確定PIPSを決めていないと、ドル円ポジションが20PIPSの含み益を抱えたときに、30PIPSの含み益になるまでドル円ポジションを決済しないぞという感情を抱きます。その後、ドル円ポジションの含み益が0PIPSになり、1PIPSも利益が得られないという結末が待っています。これらのトレードの流れを回避するには、ドル円のポジションをした直後に、利益確定注文20PIPSを入れることである。

ユーロ円スキャルピング時に、損切りPIPSを決めない人が、ユーロ円ポジションの含み損が40PIPSを抱えたときに、ユーロ円ポジションの40PIPSの含み損が0PIPSになってくれと祈ります。その後、40PIPSあったユーロ円の含み損が,80PIPSまで増大してしまい、どうしようもなくなってしまう状態になります。これらのユーロ円トレードのトレードを回避するには、ユーロ円のポジションを保有した直後に、損切り注文20PIPSを入れることである。

公式サイト
GEMFOREX
GemForex口座開設ボーナス2万円プレゼントキャンペーン開催中です。

ハイレバになると損切りできないが、低レバだと損切りできる。

ハイレバ〔レバレッジ100倍以上〕を扱い、1PIPSの含み損で1000円~10000円の状態になると、1PIPSで損切りしてたまるか、1PIPSで利益確定してやるぞという感情が芽生えてきてます。この感情を押しつぶして、損切りラインの5PIPSになったのだから、損切りラインの5PIPSで損切りをするぞを実行することができる人は、海外FX口座ゼロカットを一度も経験せずに済みます。

ハイレバ〔レバレッジ400倍以上〕を扱い、10PIPSの含み損で1万円~10万円の状態になると、1万円の損失を出しなくない、10万円の損失をだしたくないから10PIPSでは損切りはしないぞ、10PIPSの含み損が0PIPSになってくださいと神様に祈るようになります。これに当てはまらず、10PIPSの含み損のところで損切りができる人は海外FX口座で退場をしません。

ハイレバ〔レバレッジ1000倍以上〕を扱い、100PIPSの損失で10万円~100万円の状態になると、10万円も失うことだけはあってはいけない、100万円も失うことだけはあってはいけないという気持ちが芽生え、100PIPSの損切りを決断できなくなります。この状況になったら、海外FX口座退場の末路しかまっていません。

低レバだと損切りができる。

低レバを使い、1PIPSの含み損10円~100円になると、10円、100円の損失なら痛くもかゆくもないし、1PIPSで損切りをしようかなという行動を起こすことができる。もちろん、低レバであれば、10PIPSの含み損100円~1000円になったときにも、100円の損失なら出しても良い、1000円の損失ならだしても良いから10PIPSで損切りをしようかなという行動を起こすことができるんだ。

公式サイト
GEMFOREX
GemForex口座開設ボーナス2万円プレゼントキャンペーン開催中です。

FX ハイレバ ロスカットの情報。

海外FX口座で、ハイレバを使うことが日常化してくると、ハイレバを使うときはロスカットなんてしない、ゼロカットを受け入れるぞという決意を持つようになり、ロスカットを使い、損失を最小限にするということを一切考えなくなります。こうなってしまうと、ハイレバで10万円ゼロカットされるたびに、今回は俺に強運がなかっただけだ、次は俺に強運があるはずだという理由で、ハイレバ対応の海外FX口座に10万円を再入金します。これらの流れをループして繰り返すと、海外FX口座の総損失額が膨らんでいくだけです。

海外FX口座で、レバレッジ50倍のハイレバ〔200PIPSの損失に耐えられる〕を使うことと、ロスカット注文30PIPSを入れることと、勝率7割~勝利8割をキープすることができてさえいれば、海外FX口座で退場経験することなく、海外FX口座で利益を出し続けることが可能になります。その逆の、海外FX口座で、レバレッジ50倍のハイレバ〔200PIPSの損失に耐えられる〕を使うことと、ロスカット注文を入れない、勝率2割~勝率3割だと、海外FX口座で退場することになります。これら二つの経験をすると、FX ハイレバにはロスカットが必要だとという答えがでます。

FX ハイレバ ロスカット。〔レバレッジ編。〕

1.レバレッジ1000倍。

レバレッジ1000倍=8PIPSでゼロカットされる前提があり、レバレッジ1000倍利用時に、4PIPSでロスカットなんてしたら、自分の海外FX口座残高がほとんどなくなってしまうと感じてしまう。こう感じた人の10割は、レバレッジ1000倍のFX取引をするときは、絶対に損切りしないし、ゼロカットまで通貨ペアのポジションをホールドする。

2.レバレッジ888倍。


レバレッジ888倍=10PIPSでゼロカットされる前提があり、レバレッジ888倍利用時に5PIPSで損切りなんてしたら、自分の海外FX口座が半減してしまうし、あまりの損失の大きさに落ち込みがMAXになってしまう。こう感じた人の8割は、レバレッジ888倍を使うときは、通貨ペアのポジションをロスカットしないし、ゼロカットまで通貨ペアのポジションをホールドします。

3.レバレッジ400倍。

レバレッジ400倍=25PIPSでゼロカットされるという前提があり、レバレッジ400倍利用時に5PIPSの損切りをしたら、自分の海外FX口座残高の8割ほどを残せます。これがあるので、損切りで損失を小さめにしておきたい人は、レバレッジ1000倍や、レバレッジ888倍を使うということに固執せず、レバレッジ400倍を使うということを選択肢に入れておくといいでしょう。

4. レバレッジ200倍。

レバレッジ200倍=50PIPSでゼロカットされるという前提があり、レバレッジ200倍利用時に10PIPSのロスカットをしても、自分の海外FX口座残高の8割を残せます。これをがあるので、損切りをする行動を起こし、一撃退場を避けたい人は、レバレッジ400倍、レバレッジ888倍、レバレッジ1000倍を使わずに、レバレッジ200倍を使うことしかしません。

5.レバレッジ100倍。

レバレッジ100倍=100PIPSゼロカットされる前提があることから、レバレッジ100倍利用時であれば、10PIPS~20PIPSの損切りを3回ほどした後に、20PIPSの利益確定を3回すれば何の問題もないという結論を導き出せます。もちろん、10PISP~20PIPSのロスカットをしてもOKだという結論がでれば、レバレッジ1000倍利用時にもロスカットができます。

6.レバレッジ50倍。

レバレッジ50倍=200PIPSでゼロカットされる前提があることから、レバレッジ2百倍利用時に10PIPSのロスカットをしたところで、資金の20分の1を失うだけで済むし、10PIPSのロスカットを何度もしていこうぜというメンタル状況になります。もちろん、10PIPSのロスカットをしないように済むように、勝率が8割越えのところでFX取引をするべし。

7.レバレッジ25倍。

レバレッジ25倍=400PIPSでゼロカットされる前提があることから、レバレッジ25倍利用時に20PIPSロスカットをしようと思うことができるし、20PIPSの損失は次のトレードで取り戻せばいいと思うことができます。もちろん、20PIPSのロスカットの回数を減らすことが勝ち組トレーダーへの道となっているので、勝率10割を目指して、FX取引をしよう。

公式サイト
GEMFOREX
GemForex口座開設ボーナス2万円プレゼントキャンペーン開催中です。

ハイレバFX 資金管理

今の自分の現状に満足することができておらず、早く次のステージに行きたいと感じている人や、インターネットに次から次へと現れる億トレーダー系の人が気になってしまう人や、お金を稼がないといけないという思い込みがかなり強くなっている人や、俺はかなり優れた人間で他の人間とは違うと思い込んでいる人は、天下無敵の資産10億円トレーダーになるという目標を持って、海外FX口座でハイレバスキャルピング、ハイレバデイトレード、ハイレバスイングトレードをする傾向がある。これに当てはまる人達の1割は、ハイレバFX 資金管理ができるので、海外FX口座で退場を経験することなく、資産1000万円、資産3000万円トレーダーになれますが、残りの9割は、ハイレバFX 資金管理ができないので、海外FX口座で1万円、2万円を稼ぐか、海外FX口座で退場していきます。今回は、ハイレバFX 資金管理に触れていきます。

ハイレバFX 資金管理でするべきこと。

ハイレバFX 資金管理でするべきことは、損切りを実行できるロット数にしておくこと、ハイレバFXだから損切りをしないという決断を自分の中から捨てることと、損失を出していい額までしか海外FX口座に入金をしないこと、損失が出る確率が高いときに海外FX口座でFX取引、CFD取引をしないことの全てを守るようにすること。

損切りを実行できるロット数にしておくこと

証拠金維持率5パーセントで、ドル円100ロットだとか、証拠金維持率10パーセントでドル円50ロットだとか、証拠金維持率20パーセントでドル円25ロットにすると、損切りしたところで、数十万単位のお金を失うことになるだけだから、ドル円取引で損切りをすることをやめておこうという思考になります。逆に、証拠金維持率100%で、ドル円20ロット、証拠金維持率2百パーセントでドル円10ロット、証拠金維持率400パーセントでドル円5ロットにすると、損切りで発生した損は次のFX取引で取り戻せばいいやという思考を持つことができます。これら二つのことを把握しておくと、海外FX口座で退場しないためにも、しっかりと損切りをしていこうなという思考になります。

ハイレバだから損切りをしないという決断を自分の中から捨てること

ハイレバだから損切りをしないという決断をするときが良い方向にすすめば、ハイレバ取引で10万円~15万円の利益を獲得できますが、ハイレバだから損切りをするという決断が悪い方向に進むと、ハイレバ取引で2百万円~3百万の損失を出すことになります。この両方を実際に体験すると、俺はハイレバで退場することだけはごめんだから、ハイレバだから損切りをしないという決断を自分の中完全に消しておこうとします。

損失を出していい額までしか海外FX口座に入金をしないこと

損失を出してはいけない額まで、海外FX口座入金した場合、ハイレバで連戦連勝のときはノープロブレムだぜというスタイルを貫けますが、ハイレバで負けたときに、自分の明日の生活がやばいなと感じるほどの金欠に陥ってしまいます。これを実体験すると、損失を許容できるまでの額しか、海外FX口座に入金しないようにしておこうができるようになります。

損失が出る確率が高いときに海外FX口座でFX取引、CFD取引をしない

損失が出る確率7割、損失が出る確率8割のときに、海外FX口座で、ハイレバでFX取引、CFD取引をする選択をするFXトレーダーは、海外FX口座でゼロカット、海外FX口座残高0円を体験します。また、損失が出る確率が1割、損失が出る確率が2割のとき限定で、海外FX口座で、ハイレバでFX取引、CFD取引をする選択するFXトレーダーは、海外FX口座で資金3倍、資金10倍を体験します。

公式サイト
GEMFOREX
GemForex口座開設ボーナス2万円プレゼントキャンペーン開催中です。

国内FXのハイレバの情報。

国内FX口座で、ロスカット注文20PIPSをいれずに、レバレッジ25倍〔国内FX界隈ではハイレバ〕で、ポンド円のポジションを保有する戦略をとると、国内FX口座内のポンド円ポジションの含み損250PIPSになったときに、強制ロスカット50%でポンド円のポジションがなくなり、精神的苦痛を背負うことになります。これがあるので、レバレッジ25倍の国内FXは、圧倒的に安全だと断言することはできませんし、海外FXのハイレバが危険だと断言することはできません。

国内FXの法人口座で、ロスカット注文30PIPSをいれずに、レバレッジ100倍〔国内FX界隈ではハイレバだが、海外FX界隈ではハイレバではない〕で、ユーロ円のポジションを保有する戦略をとると、国内FX法人口座内のユーロ円のポジションの含み損が50PIPSになったときに、強制ロスカット50%で、ユーロ円のポジションがなくなり、国内FX法人口座内の残高も半分に。

上記のような問題を全て解決するには、国内FX口座でレバレッジ25倍を使うことをやめる、国内FX口座で、レバレッジ100倍を使うことをやめ、口座開設ボーナス2万円・50万円の入金ボーナス・50万円ありのGEMFOREX口座で、ドル円3枚、損切り注文25PIPSを入れる、利益確定注文20PIPSを入れるを実行しよう。

公式サイト
GEMFOREX
GemForex口座開設ボーナス2万円プレゼントキャンペーン開催中です。

国内FXのハイレバを使いたい。

国内FX口座で個人がハイレバ〔レバレッジ50倍・レバレッジ100倍・レバレッジ200倍・レバレッジ400倍・レバレッジ888倍〕を使うことは不可能ですが、国内FXの法人口座であれば、国内FXなのに、レバレッジ100倍、レバレッジ2百倍を使うことができます。また、国内FX法人口座は、500万円稼ごうが、1000万円稼ごうが、1億円稼ごうが税率が20%となっています。

個人的な意見をいうと、個人がハイレバを使うというには反対で、個人は、ハイレバで利益を残し、結果を出すことよりも、低レバで損失額をかなり小さくして、為替相場でFX取引を続行することに重きを置いたほうがいいです。やはり、低レバで損失額がすくないと、また次がんばればいいやと思えますし、FX取引で失敗して絶望的な気持ちを持つこともほとんどなくなります。

小額ハイレバ退場。

1万円の小額を海外FX口座に入金をした後に、海外FX口座で、レバレッジ888倍を活用し、ドル円8枚を保持する。ここまではよかったが、自分の理想とする展開の、1万円にゅうきんされた海外FX口座内のドル円8枚に含み益100PIPSがある状態にはならず、自分のドル円8枚に含み損10PIPSがある状態になると、海外FX口座残高が0円になり、海外FXで小額ハイレバ退場となります。これらの経験をしないで済む確率を0パーセントにするには、小額ハイレバをしないという覚悟を持つか、小額ハイレバで1億円、2億円の利益を発生させるしかない。


小額ハイレバ退場の経験をすると、ハイレバ退場で退場するパターンを記憶することができることや、ハイレバで負けることはとてつもなく簡単であるということや、ハイレバはギャンブルそのものであり、ギャンブルが好きな人しかハイレバトレードをしてはいけないということや、低レバレッジがとてつもなく安全であることがわかります。だからこそ、これからFX専業トレーダーとしていきていくぞという強い意志を持っている人は、小額ハイレバ退場を2回、三回と経験してもらいたい。

小額ハイレバ退場を回避するための施策。

額ハイレバ退場を回避するための施策は、退場する可能性しかないポンド円の取引をしない、セオリーどおりに動かないユーロ円取引をしない、マイナー通貨ペアを気分で取引をすることをしない、ドル円で逆張りをしない、ある程度のハイレバであればストップ注文を入れておく、ハイレバ取引をするときは利益確定注文を入れておく、ドル円で勝てる要素しかないときにはドル円トレードをする。などがあります。

退場する可能性しかないポンド円の取引をしない。

退場する可能性があるポンド円取引をすると、ポンド円で100PIPSのゼロカットが直撃、ポンド円で200PIPSゼロカットが直撃という経験をすることになります。これを100%の確率で回避するには、退場する可能性があるポンド円取引をしない、ポンド円に興味をもつことをやめる、ポンド円で成功を収めている人に興味をもつことをやめるだけでよい。

セオリーどおりに動かないユーロ円取引をしない。

ユーロ円の指標が全部良いのに、ユーロ円が円安に動かない、ユーロ円の指標が全部悪いのに、ユーロ円が円高に動かないというのを経験すると、セオリーどおりに動かないユーロ円は絶対に取引なんてしないぞという強い感情を持つことになります。

マイナー通貨ペアを気分で取引をすることをしない

マイナー通貨ペア取引を気分で取引をすると、マイナー通貨ペア取引で100PIPS~200PIPSの損失を出すことがあります。これを実体験すると、マイナー通貨ペア取引をせずに、簡単に勝利をもぎ取ることができる通貨ペア取引だけをしようと思うようになります。

ドル円で逆張りをしない

ハイレバのドル円逆張りをすることで、小額ハイレバ退場を経験すると、ドル円で逆張りをしないで、わかり易いときにドル円で順張りをすることしかしないという考えを持つことができます。この考えを持つ続けることができないから、ハイレバで成功をつかめない人が一定数います。

ある程度のハイレバであればストップ注文を入れておく。

小額ハイレバ退場するを完全に排除するのであれば、ある程度のハイレバを使い、ドル円のポジションを保有した直後に、ストップ注文を入れるということをすればいいだけ。このシンプルができさえすれば、ある程度のハイレバトレードでも退場を一回も経験することがない。

ハイレバ取引をするときは利益確定注文を入れておく

小額ハイレバで利益を獲得することに重きを置くのであれば、ハイレバを使い、ドル円円のポジションを保有した直後に、利益確定注文を入れておくということをすればいいだけ。このシンプルができさえすれば、ハイレバトレードで利益確定ができないという問題を完璧に解決できる。

ドル円で勝てる要素しかないときにはドル円トレードをする

FX取引でもっと利益を得たい、早く億トレーダーになりたい、早く専業トレーダーになりたいという感情があると、負ける要素があるときにもドル円トレードをしてしまいます。この問題を解決するには、FX取引でもっと利益を得たい、早く億トレーダーになりたい、早く専業トレーダーになりたいという感情をなくし、ドル円で勝てる要素しかないときに、ドル円トレードをする。

公式サイト
GEMFOREX
GemForex口座開設ボーナス2万円プレゼントキャンペーン開催中です。